湘南 茅ヶ崎の整体

湘南身体均整院
(しょうなんしんたいきんせいいん)

健康法

1、睡眠不足にならないように気を付ける

 睡眠の質を決めるのは「時間」と「深さ」です。


 眠りは、寝つく時間が早ければ早いほど、深くなります。


 人は眠ると、1時間半くらいのサイクルで、 ノンレム睡眠 (主に脳を休める深い睡眠)と レム睡眠 (主に身体を休める浅い睡眠)が交互にやってきます。


 眠りにつくと、まずノンレム睡眠の中でも一番深い睡眠に入ります。


 ところが、寝つく時間が遅いと、最初のノンレム睡眠が十分に深くなりません。


 その後おとずれるノンレム睡眠も浅くなってしまい、脳も身体もよく休まらなくなってしまいます。


 理想は、22時には床に入るのが良いそうですが、なかなか現代人には難しいと思います。


 少なくとも、どんなに忙しい人でも、その日のうちには眠りにつくようにしたほうが良いでしょう。


 適正な睡眠時間は、その人、その時で差がありますが、睡眠不足にならないように気を付けることは、健康を維持する上で一番大切なことです。


 人間は、体内酵素で消化と代謝作用の全てを行っています。睡眠不足は、この体内酵素を著しく減少させます。



2、身体を冷やさない

 冷えは万病の元と言われるように、身体を冷やすと、血液の流れが悪くなります。


 血液は、体中の全細胞に、栄養分や酸素等を運び、二酸化炭素や老廃物を持ち帰ります。


 血流が悪くなると、これらの働きが鈍くなり、免疫機能が衰えたり、疲れやすくなったり、その他いろいろな身体の不調が出やすくなってしまいます。


 夏場のエアコンでの冷やし過ぎ、冷たいものの飲み過ぎ食べ過ぎにも注意しましょう。



3、水分を十分に補給する

 水分が不足することでも血流は悪くなります。


 人間は、通常一日に、1リットル以上の尿を排出し、汗や息などで出ていく水分が、約800ミリリットルだそうです。合わせて、一日約2リットルの水分が、排出されているわけです。


 ですから、それに等しい量の水分を補給しなければならないわけですが、それには白湯が一番良いでしょう。


 食事から補給できる水分の他に白湯を700〜800ml飲むようにすると、身体を冷やすこともなく水分が取れます。


 お茶やコーヒー、アルコールでは、利尿作用が強く、体内の水分を余計排出してしまうので、注意が必要です。


 お茶にはカテキンが多く含まれているので身体に良いと言われますが、空腹時にたくさん飲むと、お茶に含まれるタンニン酸が、胃の粘膜を刺激し、胃炎などの原因になってしまいますので気を付けて下さい。



4、食事の大切さ

 西欧の格言に、「食べ物が人を作る」というものがあります。


 では、何を食べれば健康に良いのか? それには、人間の歯を見れば分かります。


 人間は全部で28本の歯がありますが、そのうち16本が雑穀用の臼歯、8本の前歯が野菜用、肉食用の犬歯は4本です。


 この歯の数に比例するように食べ物をとることが、人間にとって一番良いことなのではないでしょうか。


 現代人は肉食過多です。勿論、動物性タンパク質は必要ですが、それと一緒にとってしまう動物性脂肪(飽和脂肪)には気を付けた方が良さそうです。


 こういった高脂肪食が、ガンや心臓病などのリスクを高めることは、よく知られています。


 あと、何を食べるかも大切ですが、いつ食べるかでも健康を左右します。


 お腹も減っていないのに時間だからと、無理やり食べることは消化器系に負担がかかります。


 寝る直前に食べることは、一番よくありません。夕食は、できるだけ寝る2〜3時間前までには、終わらせておくことが大切です。



5、抗酸化栄養素をとる

 人間は、 活性酸素 によって老化し、いろいろな病気にもなると言われています。


 この活性酸素を除去するために、抗酸化栄養素(ベータ・カロチン、ビタミンC、ビタミンE、セレニウム等)をしっかりとりましょう。


 食事でとることが理想なのですが、現代の野菜などは、昔のものと比べると、栄養素が極端に少なくなっています。


 市販されている、良心的なメーカーのサプリメントで補うのもよいでしょう。


 運動をしている方、ストレスを強く感じている方は、特に必要です。



6、ストレスをためない

 生きているということは、人間関係です。そこには、様々なストレスが発生します。そのストレスを無くすことは、なかなか難しいです。


 では、どうすれば良いか?


 そのストレスが起きる原因を少なくしてしまうという手があります。


 自分に起こる様々な現象は、全て自分の波動が起こしているという考え方があります。


 自分の波動を変えれば、起きる現象が変化します。


 では、どうしたら波動が変わるのか?


 その第一歩が、言葉を変えることで変わります。


 人間が口にする言葉は、その人の波動そのものです。


 常に、出来るだけ明るい言葉を吐いてみましょう。心の中は、暗くても構いません。


 「 言霊 」と言いまして、言葉には魂が宿る。自分が口にした言葉は、周り回って自分に帰って来ます。


 ですから、例えば人の悪口、陰口を言っていると、自分を悪く言って、自分を傷つけていることと同じことです。


 「あの人を許せない」と言っていると、どんどん自分を許せなくなり、不健康になります。


 まず、心の中はどう思っていてもよいですから、人の悪口、陰口を言わないところから初めてみて下さい。それから、出来るだけ暗い言葉を使わないで明るい言葉を使ってみて下さい。少しづつ現象が変わりますよ。



7、運動を習慣にする

 運動は大きく分けて、有酸素運動と無酸素運動がありますが、それぞれの運動を週に3〜4日はするとよいでしょう。


 具体的に言うと、有酸素運動で一番よいのは歩くこと。一日30分、時間の無い方は20分でもよいから、連続して歩きましょう。


 膝などに故障がある方は、プールの中で歩くと、筋肉の衰えを防げます。


 無酸素運動は、いわゆる筋力トレーニングですが、年齢と共に足の筋肉が少なくなってきますので、その防止にはスクワットがよいです。また、上半身の筋力低下を防ぐには、腕立て伏せがよいでしょう。


 今流行のコアトレーニングもとてもよいと思います。


 ただ、やり方を間違えると、故障の原因になりますので、正しいやり方を知りたい方は、お声を掛けて下さい。






 以上、毎日を健康に過ごす方法を述べましたが、最初のうちは、全部実行することは難しいかも知れません。


 決して強制ではありませんが、出来るところからで構いませんので、少しづつ生活に取り入れてみて下さい。


 身体均整法、TDE式調整法で、体のバランスを整えるだけでなく、こういったことを実行していきますと、より相乗効果が生まれると思います。


サイトメニュー
身体均整法とは TDE式調整法とは 12種類の姿勢のゆがみ
ゆがみを放っておくと 整体施術方針 均整術のテクニック
エネルギー整体の流れ 料金・営業時間・ご予約 交通アクセス
院長略歴 毎日を健康に過ごす秘訣 よくあるご質問
お客様の声 院長の日記 リンク集
リンクについて 茅ヶ崎市の整体
湘南身体均整院トップへ

(整体院への詳しい地図)
茅ヶ崎市内からお越しの方はこちらを。
藤沢市・辻堂からお越しの方はこちらを。
平塚市・大磯町からお越しの方はこちらを。
海老名市・綾瀬市・寒川町からお越しの方はこちらを。
小田原市・二宮町からお越しの方はこちらを。

JR東海道線・相模線 茅ヶ崎駅 北口より徒歩5分

(一般社団法人 身体均整師会・TDE式調整師協会認定)
茅ヶ崎市(藤沢市/平塚市/寒川町そば)の整体-湘南身体均整院

〒253-0044  神奈川県茅ケ崎市新栄町13ー16
茅ヶ崎ダイカンプラザCity404号室

TEL : 0467-82-7085
E-mail : info@shonan-kinsei.com

TDE式 頭蓋脊椎仙骨調整師
身体均整師/ボディデザイナー
齋藤弘之